転職活動の第一の難関が書類選考です。新卒の就職活動と違い、経歴が主に見られる転職では書類の時点で応募者を大量に落とします。よって、履歴書や職務経歴書をいかにうまく作成するかが重要になります。

 

 企業の書類選考は、まず軽く目を通して、これはという人をピックアップしていきます。そしてピックアップした人の履歴書や職務経歴書をしっかり読み込みます。その後、興味を抱いた人に対して面接の連絡をいれます。

 

[PR]
30歳転職サイト.com
30歳の転職を成功させるために!

 

 選考はこういった流れで進められるため、自己PRの中心的役割を果たす職務経歴書は、まず採用担当者の目を一瞬で捉えるような内容にしておかなければなりません。最初の段階では、複数枚ある職務経歴書の最後まで、採用担当者はきちんと目を通してはくれないのです。書き方が悪ければ、書類の内容を精査される前にふるい落とされてしまうでしょう。
採用担当者の目を引く方法とは何か、それはズバリその企業が求める人材に関連したワードを散りばめることです。その会社の方針にもよりますが、人事部で働く社員はずっと人事畑を歩むことが多いです。

 

 よって、他の部門に関する専門的な知識に乏しいということも珍しくありません。そういった場合、採用担当者は、会社が必要としている経験や技能、資格といった特定のワードに注意して書類に目を通します。そしてそういったワードがあれば、次の選考に書類を通すのです。



このページの先頭へ戻る