転職活動の面接対策法

 転職活動のキーポイントになるのが採用担当者との面接です。新卒採用と違い、中途採用では能力を図るための試験が行われずすべて面接で判断されることも珍しくありません。即戦力となる人材を求めることの多い転職採用では、面接の重要度は非常に高くなります。

 

【人気サイト】
高校中退 就職
高校中退→本気の就職!さまざまな情報で応援します。情報随時更新中。

 

 面接ではその人がどんな人物なのかといったことを見るために、様々な質問がされることになります。一般的な採用試験のように正解があるわけではないので、思ったことを正直に答えてください。自分を高く売り込むためにうそをついたり実績を大げさに話したりすると、後で真実が判明した時に不利な立場に立たされてしまいます。余計なことは考えず、誠実な態度で面接に臨んでください。

 

 面接で自己アピールをするときは、なるべく具体的な数字や実績を示すことが重要です。携わったプロジェクトや手掛けた仕事を披露するだけでは不十分です。そのプロジェクトの中でどんな役割を担い、どのような形で責任を果たしたのかというところまで具体的に説明できて、初めて自己アピールになります。押しつけがましいアピールは逆効果になりますから、過度売り込みは避け自分の実績や経験をわかりやすく説明することに力を入れてください。

 

 採用の合否を握る面接ですが、過度に緊張する必要はありません。平常心で落ち着いた態度を心がけ、誠実な気持ちで正直に話せば必ず誠意は伝わります。



このページの先頭へ戻る