面接と言えば、応募者が面接官にいろんなことを聞かれ、一方的に判断をされるような面接試験の場と思いがちですが、実は応募者が応募した会社を事務所内に入って見れる唯一の場でもあります。応募者は自分ばかりが見られていると思い、緊張しがちですが、そこは余裕を持って、こちらも会社を判断するぐらいの気概があっていいと思います。そうでないと、もし合格して入社したとしても、思っていた感じの会社ではなかったということになります。

 

 面接の際、一番最初に対応してくれる人は受付の人です。いわば会社の顔になるわけですが、その人の対応である程度どんな会社かわかります。また最近は受付に人がいなくて、電話が置いてある場合もありますが、その場合でも電話の受け答えでその会社の教育がわかります。

 

 次に面接場所に移動になるわけですが、その際の事務所内を通れば、うまく事務所内にどんな人が働いているのか見てください。また事務所内にどんな掲示物があるのかも見ると、だいたいどんな感じかわかります。

 

【人気記事】
高卒 転職
皆と差をつける転職!高卒者におすすめサイト

 

 最後に面接官の対応です。まず最初に応募者のことを何も聞かず、自分の会社の説明だけする会社もあります。そんな会社であれば、どんな人でもよいのかと思ってしまいます。

 

 また面接官にその現場の担当の人間に面接をさせているのか、もしくは全然関係のない人事の人間を一人だけに任せているのかで、いっしょに働く人のことを考えているのか否かもわかってきます。面接は応募者が会社を見る機会でもありますので、緊張せずに臨んでいいと思うのです。



このページの先頭へ戻る