比較的恵まれている世代としてポジティブに行動する

 

 

・30代での転職の状況は

 

転職は向上心が高い人のみがすることではありません。
リストラや会社に適用できずに会社を辞めてしまった人など理由は様々です。
しかし、転職活動では辞めた理由で優遇されることはまずありませんから、どのような理由であれ同じ環境で競争をする必要があります。

 

どの世代でも転職希望者はいますが30代は恵まれている方です。
40代になると家族を抱えて転勤などの選択肢がなくなりますから、グローバル経済の現代において不利に働く可能性があります。
50代以降は会社にいられる年数が少なくなりますし、人件費も高くなりますから企業としてもより慎重になってしまいます。

 

30代は20代で会社に入り、10年近く経験を積んでいますからより実践的な行動ができますし、何よりも行動力が違いますから有利なのです。

 

・30代の転職の流れ

 

転職の流れは基本的にはどの世代も同じです。
転職サイトに登録して、その会社が仲介役として求人を出している会社との交渉を行ってくれます。
アドバイザーが付く所があり、その人が相手企業との交渉や面接対策なども行ってくれますからパートナー的な存在とも言えます。

 

「餅は餅屋」ですから転職専門のアドバイザーの存在は転職を有利に進める上でも有効な方法であり、自分は面接対策などの集中的に時間を費やすことができます。
転職は短期間で済むところが多いですから時間は有効に使って転職活動最も比重が大きい「面接」に時間を費やしてください。

 

・これからの30代の転職者へ

 

不況であるからこそ、自分の武器が重要になります。
時代に流されない、どのような状況でも切り抜けられる人材を企業は求めています。
ですからネガティブにとらえることはせずに、自分の能力や経験を今一度見直して、会社にどれくらいのメリットがあるのかを常に考える必要があります。

 

「成長したい」という気持ちを忘れずに転職活動に挑んでください。
・30歳の転職の現状
現在は就職氷河期と言われ、大学生などが非常に就職に苦戦している状態です。
就職が厳しい世の中、転職も同様に倍率が非常に高くなっています。
現在の転職状況として、スキルの高い人材は比較的就職しやすい状況になります。
一方で企業が求めるスキルのない人材は、なかなか新しい仕事を見つけることができない状況です。
30歳から転職を考えた場合、年齢的には多くの企業が望む年齢層となります。
しかし30歳に望まれるスキルは非常に高く、簡単に次の仕事を見つけるのは難しくなります。

 

・30歳からの転職で利用すべきこと
30歳という年齢は、新人時代が終わり仕事ができる年齢層と企業は考えます。
そのため転職先を探す場合、しっかりと自分が望む仕事とスキルがマッチしているかを判断することが重要になります。
30歳からの転職は、ハローワークや求人誌を利用するよりも転職コンサルタントを利用した方が効果は高いです。
転職コンサルタントを利用するメリットは、じっくりと希望条件に見合った仕事を一緒に探すことができることがあります。
転職は一人で探すには時間や体力を非常に使います。
30歳という年齢は、コンサルタントとしても企業へアピールしやすい材料が揃っています。
スキルなどもマッチングさえしっかりとしていれば、新卒よりも採用の可能性が非常に高くなります。
転職コンサルタントは非常に強い見方となってくれるので、転職には非常におすすめの方法の一つです。

 

・30歳からの転職を考えている人へ
30歳は新卒と違い何もわからない状態ではありません。
企業は即戦力を望んでいるため、しっかりと今まで培ったスキルを活かせる仕事を選ぶべきです。
給与や条件などは非常に重要ですが、将来を考えた転職をすることで成功へとつながります。
30歳までなら仕事を探す選択肢が非常に多い年齢です。
しかし35歳を超えると、一気に仕事の選択しが減ってしまいます。
このタイミングで転職するのならば、一生その会社に勤める気持ちで臨みましょう。



このページの先頭へ戻る