中身のある面接にするために必要なこと

 面接で緊張せずにアピールするには、下準備が大切です。自分の良いところをアピールして、転職先にとって自分の存在がどのようなメリットがあるのかを分かってもらわなければなりません。仕事はボランティアではなく、給与が発生します。給与に見合う仕事ができるということを、面接の短時間でわかってもらうためには、面接官にどんな質問をされても、動揺せずに何を聞かれても長い間を開けずに、答えられるくらいの万全な下準備が必要です。

 

 

面接の下準備には何が必要か

 面接の下準備には、自己分析が必要です。面接官は、いろいろな質問でゆさぶりをかけて、矛盾点がないかということや、やる気や本音を探ろうとするからです。採用する気が全くなければ、非常にあっさりとした面接で終わるので、何を言われても社会性のある回答をすることです。自己分析をすることで、採用してもらうためのメリットとなる、自分の長所やスキルをアピールすることができます。

 

 面接は、会話のキャッチボールで進んでいきます。会話の流れによっては、スキルが足りないと面接官に判定される場面も出てくるかもしれません。それでも、自分をアピールするチャンスは、さまざまな質問を投げかけてくる面接官の質問のなかで必ず出てくるものです。だからこそ、面接の下準備には自己分析が大切になります。

 

 面接の雲行きが怪しくなっても、いつでも、何を言われても何を聞かれてもいいように、挽回できるチャンスは常にあると思いながら、面接での会話を進めていけば、精神的に余裕のある面接になるでしょう。自己分析をすることで、自分の軸というものもはっきりとしてくるものです。自身を見つめなおすことは、転職先にとって自分がどういったメリットとなる人間なのかが、よりはっきりと見えてくる作業でもあるので、やはり自己分析は長所や短所など性格的なことから、業務に関することやスキルに関すること、実績など多角的に見つめる必要があるのです。


このページの先頭へ戻る