面接官に納得する志望動機を心掛ける

 転職活動で面接官に志望動機を伝えても、納得しない状況であったり、言った志望動機に関して突っ込まれて悩んでいる人も多いです。突っ込まれて回答が詰まってしまうと、面接官に伝えた志望動機に疑いを持ってしまう傾向です。納得しない状況やよく突っ込まれる状況の場合は、志望動機に関する具体的な説明が不十分である事が多いです。伝えた内容などに不満を感じさせる内容ならば、面接の事前に模擬面接などを行って志望動機を再考する行動が必要です。

 

会社の事業などに興味がある場合の志望動機

 応募先の会社に興味があって志望することは当然ですが、事業内容のどの部分に興味を持ったかを具体的に面接官は知りたがっています。応募先の会社の将来性や商品などを羅列しただけでは、自分が伝えるべき志望動機に繋がりにくいです。また、面接の攻略本などに文章として載っている事を述べたという印象をもたらします。将来性などのマニュアルとしてのアピールは、志望動機をやる気に繋げられないので、自分の言葉で具体的な志望動機を述べます。

 

やる気を志望動機として結びつけるための方法

 やる気を全面的に面接官に伝える事は当たり前ですが、自分ができる事を前提に具体例を交えながらアピールする事が大事です。ただ単にやる気をアピールするような抽象的なアピールの方法では、責任感を感じさせない印象を与えてしまうので、具体的に行いたい事ややりたい事を客観的にアピールします。


このページの先頭へ戻る