アルバイトしようと思ったきっかけ

 きっかけはお金が欲しかったからです。放送作家になるために養成所に通いたくて、しかし両親には反対させて意地になって入学費の50万円を貯めようと思い働き始めました。その時は大学の授業に行かなければならなかったし、生活費のためすぐにお金が必要だったので日払いのアルバイトに絞って探していました。

 

アルバイトに応募する前に準備したこと

 倉庫内作業のアルバイトと聞いた時、絶対に体力が必要になると思い1週間の半分くらいはジョギング、そして毎日筋トレをしていました。実際は値札をつける作業など筋肉は関係ない作業も多かったですが、倉庫内を走り回ったり、段ボールを運んだりと力を必要とする場面は多々ありました。

 

仕事でうれしかったこと

 世代の違う方をよく話す経験ができたのは嬉しかったです。日払いのアルバイトで働いていて、たまたまかもしれませんが自分が働いていた職場は色んな事情を持った人たちが大勢いました。夢を持った方、今すぐお金を欲しい方、様々でしたが共通して話をさせてもらって気持ち良くなるように快活な方が多かったです。

 

アルバイトを通じて得られたこと

 稼ぐことの難しさを知って、あと両親に感謝するようになりました。くたくたになって働いて、食事にあてるお金も節約して、でも生活のためにお金がかかって。実際貯金はなかなか貯まりませんでした。毎日肉まんを1つだけ買ってそれを晩御飯にして家まで帰っていましたが、歩きながら自分をここまで育てるため働いてきた両親は偉大だと感じていました。自分にとってはアルバイトは社会勉強にもなっていたのかもしれないですね。

 


このページの先頭へ戻る