転職エージェントを活用した転職の勧め

 

 

・30歳からの転職現状

 

転職は35歳に壁があると言われていますが、私の年齢に近い30後半の人が対象になるかと思います。
30後半の人は新卒時には結構大変な思いをして就職活動をした人が多く、そのため転職活動も同様に大変だと思い、活動をスタートさせるのを躊躇しているひとも多いかと思います。
しかし最近で言えばリーマンショックからの2〜3年を除けば、企業はこのレンジの戦力が少なく、とても欲しています。

 

 

 

・30歳からの転職の探し方

 

当然これまでのキャリアを生かして転職先を探すことになると思います。
かりに畑違いだとしてもこれまでの実績をアピールしたうえで、「こういうことも経験もあり、それを生かしてこういうこともできます」といった感じで自分をアピールしいくのが大事です。何もないところで「できます」と言っても相手にされません。

 

また転職先を探す際も、誰でも登録できるようなサイト(たとえばリクナビNEXT)にでている「大量募集」などいった求人に飛びつくのはいただけないです。
「大量募集」している求人は、大量に募集しても大半がすくやめてしまうような仕事です。

 

30代である程度のしっかりした職歴がある人には、リクルートエージェントやJAC、インテリジェンスなどといったエージェント型をお勧めします。非公開の求人も多いのが特徴です。それぞれの職歴や希望職種を聞いたうえで適切なアドバイスなどを無料でしてくれます。

 

 

・30歳からの転職アドバイス

 

アドバイスですが、いざ転職しようとする前に何をしてきたかがとても重要です。
たとえ今が嫌な職場や人間関係があったとしても、難解な仕事やプロジェクトに取り組むなど、人にアピールできるだけの実績を残すことが大事です。

 

また早い段階で自分の職歴を紙に書いてまとめてみるのもお勧めします。
とりあえず箇条書きしてみると、あんなこともやったとか、こんなプロジェクトに参加してたな、とか割とそれっぽくアピールできそうなことがでてきます。

 

とくに会社全体を動かしたりするようなプロジェクトに参加していた場合、そのプロジェクトにかかわったということが貴重な財産になっています。



このページの先頭へ戻る