アルバイトしようと思ったきっかけ

一度は就職して企業で勤めていたのですが、自分に向いていないなと感じ辞めてしまいました。その時に「自分を鍛えなおしたい」と考え、考えた結果「自分の周りの仕事が出来る人は飲食店でアルバイトしていた人が多かったな」と思い至りました。レストランでアルバイトをしようと思ったきっかけはこれです。

 

仕事で工夫したこと

工夫とは違うのかもしれませんが、なるべく仕事に入って慣れようと思って残業やシフト変更は断りませんでした。そうすることでまず仕事に携わる時間が増えて覚えやすかったですし、何より一緒に働く人が「あいつはよく働く奴だな」と自分のことを認識してもらえたのがよかったです。

 

仕事でうれしかったこと

利用していただいたお客様から「いいサービスだったよ」と言われることは嬉しかったです。もちろんお客様が気持ちよく食事を満喫してくださったことも嬉しいですし、個人的にはいいサービスが出来るほど余裕をもって仕事が出来ていると実感できたことも嬉しかったのです。本当に最初の頃はお客様の様子を見ることが出来ないほど焦っていました。

 

アルバイトを通じて得られたこと

お客様に直接関わる意識を持てたことは大きかったです。スピードが遅くても駄目。丁寧さが欠けても駄目。なぜならお客様はこちらの都合なんて関係なく、お金を払って完璧なサービスを期待しているのだからと「プロにならないと」と思えました。

 

あなたと同じアルバイトしようと思っている人へのアドバイス

何よりも一緒に働く人とコミュニケーションをとることが大事だと思います。失敗して叱られて落ち込んだり、ふてくされてしまう時もあると思います。でも周囲の人を信頼していれば、その指摘を素直に受け入れられますし、逆に相手もその姿を見て信頼してもらえるようになると私は考えています。


このページの先頭へ戻る