アルバイトしようと思ったきっかけ

もともと家事が好きで、家事に関する仕事を探していました。食器洗いなら手馴れていて、私でもすぐにでも効率よくこなせるようになると思いました。

 

アルバイトに応募する前に準備したこと

心構えです。何事もやる気や根性がなければ続かないと思っているので、この仕事は本当に自分い向いているのか、続けることができるのかといった心構えを持って臨みました。たとえ人の前に出る仕事でなくても、気を強く持っていなければ駄目だと思いました。

 

仕事でうれしかったこと

大量の食器が下がってきてそれを割らずにきれいに洗い切ったことです。一見普通のことのように思えますが、皿が一気に下がってくるとどれから先に洗ったらいいか考えて頭の中がパニックになり、洗い物がどんどんたまってしまうという悪循環に陥ります。食器をためることなくスムーズに洗えた時はとても嬉しく思ってしまいます。自分の努力が報われたような気がします。

 

仕事で失敗したこと

洗い場ならよくあることですが、食器を割ってしまったことです。特にガラスのコップはよく手を滑らせて割ってしまいます。慌てて洗っていると手元が狂う時があり、ガラスなどのつるつるしたものはよく手を滑らせて落としてしまいます。

 

アルバイトを通じて得られたこと

食器を洗う時の効率の良さを学べたと思います。どの食器から洗えば素早く片付けることができるか、頭の中で即座に計算できるようになりました。この計算の早さは他の仕事にも生かせると思います。どんな作業をする時でも効率の良さというものは大事ですから、食器洗いの順番を考えることも重要だと思いました。

 

現在のアルバイトを選んだ理由は?

自分に向いていると思ったからです。もともと私は人と接することが得意ではなく、黙々と作業ができる仕事を探していました。洗い場という仕事はまさに私にうってつけで、長期間続けられると思いました。あとはただ単に洗い場の仕事に興味があったからです。食器を洗うことには慣れているのですぐに順応できると思いました。


このページの先頭へ戻る