焦らず、ゆっくり。

 

 

・30歳からの転職って大丈夫?
まだまだいけると思います。これは個人的体験なのですが、世間一般的には30歳という年齢はある程度経験を重ね知識があり、また伸びる可能性を感じられる歳だという認識の企業が多いように思えます。なので、仕事において第2のスタートを始めるには、一番適切な時期なのかもしれません。

 

 

 

 

・30歳からの転職の探し方って…?
新卒で入社した人であれば、就職して約8年間の間でさまざまな人脈ができたはず。同じ業界での転職を希望しているのであれば、その人脈を使わない手はありません。ただどうしてもその会社に行きたいんです!と話すよりは、飲み会などの席で、「実は転職考えてるんですよ」といった軽い感じで話を切り出す方が、相手側のプレッシャーにもならないですし、一緒に仕事をしてきた間柄であれば、どの程度仕事ができるのかも分かっているはず。コネ入社についていろんなことを言う人はいますが、人脈作りも仕事の一環ですし、できる人間は人間関係をしっかり行ってきたはず。そういった人脈作りの一つもできないのであれば、あまり転職について考えないほうがいいのかもしれません。

 

 

 

 

・もっとアドバイスをするとしたら…
たださきほど書きました転職方法はあくまでも、同業界だった場合にのみ通用すると思います。まったく違った業界への転職は正直かなり勇気が必要になると思います。私自信も別業界への転職に挑戦しましたが、社会人経験はあったとしてもその分野においては未経験なため、新入社員と同じ扱いをされ、もちろん給与もその程度のものになります。また別業界にしろ、同業界にしろ、会社を辞める前に必ず次の仕事場を決めておくのは鉄則です。会社が嫌だからやめてから決める、という感覚ではうまくことは進みませんし、決まらないと焦りが出始め、求めていたところに就職できなくなる可能性も出てくるからです。まずは焦らずに、ゆっくりと自分の気持ちと向き合うことも、転職の際に行うべきことの一つだと思います。



このページの先頭へ戻る